持続可能性におけるスケールと境界―真の問題解決をめざして―: 第12回地球研国際シンポジウム

Photo:Research Institute for Humanity and Nature
12月2017
20
2017年 12月 21日 まで
京都

プログラム・講演タイトルを更新しました。詳しくはフライアーをご覧ください。

Future Earth NEXUS KAN (水・エネルギー・食料連関に関する知と実践のネットワーク)開発チームの代表を基調講演に招き、「持続可能性におけるスケールと境界―真の問題解決をめざして―」をテーマに、国際シンポジウムが開催されます。このシンポジウムでは、時間と空間を超えて、ステークホルダーの間における資源、価値やガバナンスにおけるコンフリクトに焦点を当てた、持続可能な未来への新たなアプローチについて考えます。

現状の、地域におけるコモンズの悲劇に対する理解の背後には、認識され解決されるべき、地域・国・地球規模の間のコンフリクトやシナジーのような超空間的な課題や、過去・現在・未来を包含する超時間的な課題が存在します。そのなかで、自然・社会・制度的な資本・資源の保護、またその開発についての分析が新たな研究の方向性への鍵となります。

ここでは特に、シナリオ開発や統合化指標、社会-環境-経済モデルを利用して、気候変動や土地不足状況下での水関連の課題を取り上げます。

日時:12月20-21日 10 時-16時45分

会場:国立京都国際会館 Room D アクセス

主催:総合地球環境学研究所(地球研)

協力:国際応用システム分析研究所 (International Institute for Applied Systems Analysis :IIASA

基調講演

Peter Verburg アムステルダム自由大学 / 水・エネルギー・食料連関に関するFuture Earth知と実践のネットワーク:NEXUS KAN開発チーム長) 

登壇者・プログラム等については、フライアーSecond circular地球研ウェブサイトをご覧ください。 

thumbnail image
thumbnail image
 

申込み不要 

シンポジウムは英語で行われます。

問い合わせ:地球研 国際交流課  電話:075-707-2152 kokusai@chikyu.ac.jp