アジアの持続可能な消費を考える:第6回Future Earth in Asia国際シンポジウム

Photo: Research Institute for Humanity and Nature
私たちの消費活動は、持続可能な社会の発展にどのように関係しているのでしょうか。この国際シンポジウムでは、アジアの低・中所得諸国において、生態系への影響を抑えつつ、公平で安定した幸福な社会を築くにはどうすればよいか、「持続可能な消費」の観点から議論します。

日時:2018年1月15日(月) 10時-17時30分(予定) 

場所:京都大学 百周年時計台記念館 国際交流ホール I (アクセス

趣旨:

消費と生産のあり方が、持続可能な発展にとって重要な意味を持つことは、広く国際社会に認識されています。最近では、国連 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)も、「持続可能な消費と生産のパターンを確保する」ことを目標として掲げています。また、私たちの消費・生産活動は、他の目標にも関わる横断的な課題と考えられています。

これまで、「持続可能な消費」の議論は、主に先進国にみられる「過剰な消費」に焦点を当てて進められてきました。このシンポジウムでは、高級志向化が進み購買力も高い中産階級が増える一方で、依然として充分な購買力がない低・中所得の消費者層をかかえるアジア諸国の現状を踏まえ、より丁寧に「持続可能な消費」の構造をとらえ、途上国から先進国まで、異なる発展段階の社会に広く適用しうる「持続可能な消費」の枠組みの基礎を作ることをめざします。さらに、Future Earthが進める新たな研究活動「持続可能な消費と生産のシステムに関する知と実践のネットワーク」にアジアの視点を取り入れ、アジアにおいても「持続可能な消費」にむけた取り組みや研究を広める契機とすることを目的としています。

関心のある市民、研究者、実践家の皆さまのご参加をお待ちしています。

日本語・英語同時通訳 あり

参加費無料

参加登録は、こちらのフォームから。当日受付も歓迎します。

プログラム

プログラムのダウンロードはこちらから。

基調講演1: 新・持続可能な消費:アジアの社会イノベーションとウェルビーイング

基調講演2: インドの消費行動-急増するインド中産階層の消費パターンと持続可能性

セッション 1: リープフロッグ型(一足飛びに目的に達する発展の可能性と課題

パトリック・シュローダー Patrick Schroeder Research Fellow, Institute of Development Studies

マニーシャ・アナンシャラマン Manisha Anantharaman    Assistant Professor, Saint Mary's College of California

セッション 2: 日本における「持続可能な消費」に向けた取り組み

モデレーター:長谷川雅世  国際環境経済研究所主席研究員・フューチャー・アース関与委員会委員

  • 岩田高明 京都府政策企画部計画推進課 明日の京都担当課長
  • 山本百合子 公益財団法人イオン環境財団 事務局長
  • 下村委津子 NPO法人環境市民 副代表理事

 

主催:総合地球環境学研究所/Future Earthアジア地域センター

共催:京都大学 Future Earth研究推進ユニット

1月16日には、総合地球環境学研究所講演室にて、ディスカッションを中心とした小規模のワークショップを開催します(英語)。

ワークショップ プログラムのダウンロードはこちらから。当日受付も歓迎します。