持続可能な消費と生産のシステムに関する知と実践のネットワーク

 

Future Earth アジア地域センターは、「持続可能な消費と生産のシステム」に関する「知と実践のネットワーク」の構築をサポートしています。

「知と実践のネットワーク」(Knowledge-Action Networks:KANs)は、社会のステークホルダーと研究コミュニティが協働して研究活動を実行する研究のしくみで、持続可能な未来に向けて、社会課題の解決に資する知を生み出すことをめざしています。「持続可能な消費と生産のシステム」(Systems of Sustainable Consumption and Production:SSCP)は、Future Earthが取り組むべき課題として、Future Earth アジア地域センターの支援のもと、数年内の構築をめざし、準備が進められています。

趣旨、設立メンバー、活動、これまでの経緯など、詳しくはFuture Earthメインウェブサイトをご覧ください(英語)。