日本学術会議公開シンポジウム:GLP(全球陸域研究計画)の推進と国連持続可能な開発目標(SDGs)への貢献

Geolocation
10月2017
16
東京

日本学術会議公開シンポジウムが、「GLP(全球陸域研究計画)の推進と国連持続可能な開発目標(SDGs)への貢献」をテーマに開催されます。

日 時:2017年10月16日(月)13:00~17:30

場 所:日本学術会議講堂

無料

趣旨:

Global Land Programme (GLP:全球陸域研究計画) は、2014年、新しい地球環境研究プラットフォームであるFuture Earthのコアプロジェクトとして再発足しました。GLPはFuture Earthが提起する8つの大きな課題群いずれとも、とりわけ「すべての人に水、エネルギー、食料を」及び「持続可能な農村開発を」と深く関わっています。また国連の持続可能な開発目標 (SDGs: Sustainable Development Goals) のいずれとも、とりわけ「持続可能な都市と地域」及び「陸域の生命」と深く関わっています。本シンポジウムは第23期日本学術会議環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IWD合同分科会GLP小委員会のこれまでの研究成果を紹介し、関連する諸領域との連携により、学際的な共同研究プロジェクトの発展に向けて議論します。

くわしくは、ポスターをご覧ください。

主 催:日本学術会議環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FEWCRP合同分科会

後 援:GLP日本拠点オフィス、日本地球惑星科学連合、地理学連携機構