日本学術会議学術フォーラム:アジアの経済発展と立地・環境―都市・農村関係の再構築を考える

7月2017
8
東京

大都市の拡張が続くアジアで、経済発展、生存基盤の確保、自然環境の保全のバランスはどうすれば維持できるのか。最先端の研究を紹介しつつ、地球環境問題の核心に迫ります。

日本学術会議学術フォーラムが、「アジアの経済発展と立地・環境―都市・農村関係の再構築を考える」をテーマに開催されます。

日時:2017年7 月8 日(月) 13時30分-17時10分
会場:日本学術会議  講堂

事前申込 不要。 参加費  無料

問合せ:日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当 FAX:03-3403-1260

趣旨(フォーラムフライアーより)

大都市の拡張が続くアジア。それに伴って膨張する人口に、水、電気、食糧
をどう安定的に供給するかが急務となっています。しかし、供給体制の構築だ
けを追求すると、今度は生態系を崩し、人類の生存基盤自体が脅かされる可能
性があります。経済発展、生存基盤の確保、自然環境の保全のバランスはどう
すれば維持できるでしょうか。誰が、どのような価値基準でその地域の発展を
律すべきでしょうか。この問題は、長期的かつグローバルに見ると、人口縮小
社会に向かう日本にとっても無縁ではありません。
 このフォーラムでは、フューチャー・アースにおける「日本の優先課題」の
一つとして抽出された「都市・農村関係」を取り上げ、研究の最先端を紹介しつつ、
地球環境問題の一つの核に迫ります。

詳しくはフライアーをご覧ください。

主催:日本学術会議 第一部国際協力分科会
 
後援: