第2回フューチャー・アース&超学際科学(トランスディシプリナリテイ)研究会

Geolocation
4月2017
18
東京

本研究会では、人類世(アンスロポシン;Anthropocene)と超学際科学研究の最前線のレビューを行い、さらに、地理的スケールに応じたco-designとステークホルダー参加について議論します。(下記リンク先の論文はすべて、契約されていない方もご覧になれるOpen Licenseで公表されています。)

日時:2017年4月18日(火) 13:30~15:30
場所:日本学術会議2階大会議室
http://www.scj.go.jp/ja/other/info.html

事前登録不要・参加費無料

<プログラム> (敬称略)

13:30-13:35 趣旨説明

13:35-13:50 杉山昌広(東京大学政策ビジョン研究センター)
論文レビュー:Methods and approaches to modelling the Anthropocene

Verburg et al. (2016)

Global Environmental Change Volume 39, July 2016, Pages 328–340
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0959378015300285

13:50-14:05 朝山慎一郎(日本学術研究会特別研究員;早稲田大学)
論文レビュー:Can science on transformation transform science? Lessons from co-design

Susanne Moser (2016)

Current Opinion in Environmental Sustainability Volume 20, June 2016, Pages 106–115
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1877343516300665

14:05-14:30 大西有子(総合地球環境学研究所)
「地理的スケールに応じたco-designとstakeholder engagementのあり方」

14:30-14:45 石井敦(東北大学東北アジア研究センター)
論文レビュー:Plausible and desirable futures in the Anthropocene: A new research agenda

Bai et al. (2016)

Global Environmental Change Volume 39, July 2016, Pages 351–362
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0959378015300546

14:45-15::30 総合討論

幹事:
石井敦(東北大学東北アジア研究センター)
江守正多(国立環境研究所)
杉山昌広(東京大学政策ビジョン研究センター)